お金が欲しい | 風俗求人ならソープが一番稼げるんだよ

風俗求人ならソープが一番稼げるんだよ

お金が欲しい

地面に這いつくばる女性

人と真摯に向き合うことができる仕事だと思ったから、と彼女は語ったが、もちろん、彼女がデリヘルという職場を選んだのは、それだけではないだろう。
彼女自身、お金がたくさんもらえるから、というある意味即物的な理由があったことを白状している。
どうしてだか、お金欲しさに風俗で働く女性のことを偏見の目で見る人がいるようだが、ちゃんちゃらおかしな話だ。人が働くのはお金のためだ。
もちろん、やりがいとか、経験を重ねるためだとか、お金以外の目的もある。お金がもらえなくたって働きたい仕事で働くという人もいるだろう。それもやはり尊いことだと思う。
だが、そういう人がいるからといって、お金のために働くことを否定はできない。そして、お金をもらうためというなら、できるだけ多くのお金が稼げる仕事を選ぶことに、合理性はあるのではないだろうか。

高収入の実現

風俗という仕事は、他の仕事と比較しても、はるかに高収入が実現できる。正確に言えば、実現しやすい、と言ったところか。
風俗嬢になったからと言って、誰もが毎月、百万円以上稼ぐことができているわけではない。彼女の月収を聞いてみたことはないが、生活状況を見るに、前よりは豊かになったようだけれど、そこまで飛び抜けて稼いでいるわけでもなさそうだと思う。これは下衆の勘ぐりだが、あまり人気が出ていないのではないかと思ってしまう。
それでも、同じ時間、例えば飲食店でウェイトレスをしたり、コンビニでレジを打っているよりは、多くの収入を得ることができているだろう。時間辺りの報酬は比較にならないはずだ。風俗とはそういう仕事だからだ。
割がいい、という言い方をしてしまうと、風俗だって楽ではないのだから、割がいいわけではないと怒られるかも知れない。ただ事実として、収入の多寡だけを見比べれば、風俗の収入は時間辺りの割はいいはずだ。


仕事の価値

風俗は楽じゃない。だから、稼ぎたくて働いている人にとって、割がいいかどうかはわからない。単位時間辺りの稼ぎは良くても、仕事内容が辛く、厳しいものだったら、それはその人にとってはきつい肉体労働と変わらない。結局、多く稼げるけれどものすごく辛い、では、よくある高収入求人と何も変わらないということになってしまう。
風俗のバイトが、それでも人気があるのは、そこで働く女性たちが、彼女と同じように、安らぎを求めてやってくる男性に安らぎを与えてあげる仕事に、やりがいを感じているからではないだろうか。
仕事でやっているから、別にそうした分別をもってやっているわけではない、という女性もいるだろう。接客業でありながらも機会作業的に対応している女性に出会ったことは、風俗を利用していると一度や二度ではないと思う。そういう人は、風俗という仕事をお金のためにやっているから、なるべく楽に、負担を少なくこなしていこうとしているのだろう。
ただ中には、彼女のように人と真摯に向き合うことが楽しくて、やりがいを感じてやっている人もいるのでゃないだろうか。